自己治癒力 (自然治癒力)

 私達の体の中に、世界一の医者と製薬会社があると言うことを私達は忘れてしまっている。医療の役割は、病気を直接治すことではなく、痛みを止めたり、栄養のバランスの注意をはらったりすることで、本来誰もが持っている自然治癒力を患者さんから引き出すことだと思います。

また、病気の時は、学びの時だと思います。生活や栄養のバランスの乱れがあったから病気になったのかな?と反省してみると同時に、自分の考え方に、何か落ち度があったのでは?とか、性格に少し問題があるのでは? (例えば、真面目すぎるとか)と、考えてみるべきでしょう。

病気をプラス発想で考えると、「病気になると言うのは、体や心が休養を必要としているし、自分の考え方や生活の仕方を反省してみる良い機会だ」

しかし無理してプラス発想をしないこと、自分が傷ついてしまうから、自分に嘘を付かない事も大切。

プラス発想が出来ないときは、疲れているとき、疲れをとるように心がける。

 

ある病院の院長先生は、患者に声をかける。

「直ったら何をしたい?」と

『治る、治る、きっと治る』と言い続ければ、早く治る。

 

身体が病んでも、心まで病ませてはいけない。

よりよく生きるため、あるいは病気を治すためには、

1 夢を持つこと

2 笑うこと

3 奉仕の気持ちを持つこと

4 感謝の念を持つこと

5 実際に人の役に立つこと

『心の消耗』:心配、怒り、悲しみ、嫉妬、恐怖、焦り、取り越し苦労、

心を消耗させると、自分の能力の半分も使えない。

長所進展法:良いところを探し、良いところをどんどん伸ばす。

 

現代の医療の欠点

1 病気を治すことによってのみ治そうとする

     患者の自然治癒力を高めることを余りしない。

2 対処療法で、原因を取り除くことには、余り注意を払わない

  従って何度も同じところが悪くなる。

 5 医学が細分化してきて、胃なら胃という 臓器しか見ない。心の働きを見ないまでも、部分にこだわりすぎ、身体全体を、見れなくなってきている。

 

『プラス発想の具体的生活術』より

心の栄養は、眼と耳からはいる

明るく、楽しく,良い話し、良い絵、良い音楽(クラシックなど)、、、

暗い、悪い、情報は生活からカットする、

『俺はこんなくだらない事件のテレビや新聞を見たり読んだりするために、

生まれてきたのではない、」と思うようにする

『疲れたと言うたびに、疲れは倍増する』 (マーフイの法則)

 

幸運に出会うコツ:積極的で明るい言動を心がける

(最初は嘘でも良いから、こういうように考え、プラス発言をする)

How are you today」 「Fine thank you」

「ありがとう」 「うれしいです」  「楽しいです」 「頑張ってください」

「半分しか分からなかった」→ →「半分も分かるようになって、良かった」

 

感謝の念がない人で成功した人はいない

感謝の念がない→ 足る事を知らない→ 不平不満がいつも心の中にある→

死ぬ直前まで穏やかで優しく満たされた気持ちになれない

三食キチンと食べられ、好きなことを言って、水や電気は使い放題、テレビもあり、

何でもありで、感謝することは、周りにいっぱいあります。

 

「楽しい、面白い、嬉しい、と言う観念が心の中に生じたときほど、朗らかな生き甲斐を人生に感じることはない」

「馬鹿と言われようと、なんと言われようと人生、一生、楽しく、笑って暮らす方が得だよ、人生なんて、終わってみれば、ほんの一瞬なんだから」

 

少し大股に歩くと、自然と、堂々とした気持ちになります。

「世界一幸福な人」を、1〜2時間、演技する。   笑顔を作って

「私は今120%幸せです」と、何度か口に出して言ってみる

動作も明るくきびきびする。

  

私の考える教育

1 感謝の心を育てる

2 与えた方が幸せになると言うことを教える

3 体を鍛える

4 共同生活に必要なことを学ぶ

5 国語、算数、英語、など最低限必要な知識を教える

 

心の効率的な使い方;気をもんだら、先ず笑顔を使え

イヤなことは忘れる、都合の悪いことは考えない、心配なことを心配しない

「心配するために生きてきたのではない」と口に出して言い聞かせる。」

1 心配なことはとりあえず、そのままで控えめに置いておくだけにする

2 繰り返し考えない

3 大きくふくらませて考えない。

 

良いことを想うと、良いことに出会いやすくなる。

悪いことを想うと悪いことに出会う確率が高くなる。

心の思い方の善し悪しで、自分の人生が良くなったり、悪くなったりする。

 

ある先生曰く、「人生に問題が生じたら、まず最初にその解決策を考えてはダメだ」

「問題が発生したら、そのことのよって,自分の心が恐れたり、焦ったり、悲しんだり、

萎縮してないか点検することが先ず第一!!そしてこんな事は何でもないんだ。

と自分に良く言い聞かせてから解決策を考えよ」

(それだけですでに問題の半分は解決しています)

 

ビックリすることを出来るだけ探し求めて体験すると、どんどん頭が良くなる。

 

プラス思考のキーワード:ストレスや焦り、恐れを感じたとき、次の言葉を自分自身に言い聞かせたりつぶやいてみる。言葉の力で心が軽くなるはずです。

好転現象

良くなる前は、必ず悪くなる。だから悪いときでも落胆せず、地道に努力しなさい。

そうすれば必ず良くなってきます。

水浄ければ魚すまず

まあいいか。

いいかげんが、いい加減(真面目すぎるのもダメ)

 

「プラス発想の具体的生活術」より(その2)

紙に書き、貼ったり,パウチしたりして、いつも見たり読んだりする。

「取り越し苦労厳禁」

「俺はこんな事を考える(する)ためにに生まれてきたんじゃない」

悪いイメージを消そうと想うより、楽しいことをイメージするように心を切り替える

夜寝る前、鏡に向かって、「おまえは全てのことに感謝して、明るく積極的な人になる」

と。実際に声に出して自分に言い聞かせる。

朝起きたら、又鏡に向かって、「私は全てのことに感謝して明るく積極的な人になりました」と断定的に言う

「○○○より笑っている方が楽しいよ」気が付いたら笑顔を作る

 一日一分笑う練習!(笑っているあいだは、心配も怒りも、心に生じません)

(おかしいから笑う、笑うと、おかしくなる)

一日15分くらい瞑想する

(まねごとでもいい;椅子に座って、クラシック音楽をかけて、、、)

 

直感力を付けるには瞑想することが一番です。

直感は懸念、妄念が多い人、仮想の世界に生きている人、も集中力のない人も出来ません

  

仮想のものを相手にしない

仮想: 価値が変化する物(お金、地位、学歴、年金  等)

実相: 価値が変化しない物(いい人に巡り会って楽しかった)

部分に詳しくなると全体が見えなくなる。

 

沢山貰って生きるより、与えて生きる方が幸せ」 Give and Give法

何を与えるか? 一番易しいのはちょっとした物を買って配る(花、菓子等)

1 (何でもいいから)ほめてあげる。(相手の、洋服や持ち物をほめることから始まる

2  貸してあげる

3  智慧、知識、情報を提供する

4  人の話を聞いてあげる

5  人と話をするときは「今日は天気で気持ちいいね』というように

6   積極的な事ばかり話す

    笑顔をあげる

8  ほめてから注意する(叱る)